地方のファミリーマンションは、3LDK以上の間取りで不動産投資をする | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



地方のファミリーマンションは、3LDK以上の間取りで不動産投資をする

地方ファミリーマンションは、3LDK以上の間取りで不動産投資をする事です。


地方では、マンションと一戸建てが競合をしています。

地方でマンションを購入をする人は、安い金額で自宅が欲しい人です。

このような事を知って、ファミリーマンションを購入をして
不動産投資をするべきです。

地方であっても、新築のファミリーマンションの購入できる価格は、
都会とそれほど変わりません。

一戸建てのように、数千万円も価格差が無いです。

東京都23区内の新築ファミリーマンションと
地方都市の新築ファミリーマンションの価格差は、
1000万円ぐらいです。

これは、マンションの場合は建物の価格が
物件価格のほとんどを占めるからです。

このため、意外なほど中古マンションの人気が地方ではあるのです。

このような中古マンションを購入をして、賃貸に貸し出して、
5年以上経ったら、売りに出すと良いです。

不動産というのは、5年以上所有をしていれば、
売却をしたときの差益に掛かる税金が安くなります。

このため、マンションで不動産投資をする時は、
必ず5年以上所有をするべきです。

地方では、ファミリーマンションで好まれる間取りは、
3LDK以上です。

2LDKなどの間取りは、需要があまりまりません。

部屋の広さは広いほど良いでしょう。

最低、70㎡以上あることが、賃貸物件として、
また、売却をする時にも有利になります。

さらに、地方では必ず駐車場は一世帯当たり2台は必要です。

マンション内で駐車場が1台。

マンションの近くの敷地外の月極駐車場で1台。

このように駐車場が確保できることが、重要です。

今の時代、夫婦で2台車を持っているのは当たり前です。

そのような生活スタイルに合わせるために、
駐車場の条件は頭の中に入れておくことです。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » コツコツと不動産投資をする » 地方のファミリーマンションは、3LDK以上の間取りで不動産投資をする