ファミリーマンションの都会の物件は、不動産投資の出口戦略を作れる | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



ファミリーマンションの都会の物件は、不動産投資の出口戦略を作れる

ファミリーマンションの都会の物件は、不動産投資出口戦略を作れるのです。


都会であれば、実需目的でマンションを購入する人が多いため、
ファミリタイプの間取りのマンションは売却をしやすいです。

不動産投資をする時は、出口戦略を考える必要があります。

出口戦略というのは、購入をした収益物件を最終的にどのようにするか?

という事を考えることです。

2LDK・3LDK・4LDKの間取りの都会のファミリーマンションは、
実際に住むことが目的で購入をする人が多いです。

そのため、ファミリーマンションを購入をして、
入居をしている人が退去をしたら、
所有期間が5年以上経っていれば、税金も安くなるため、
売却をしやすくなります。

元々、不動産投資物件で売りに出ているファミリーマンションは、
実需向けのマンションより安く売りに出ていることが多いです。

そのような価格の差を利用して、売却益で利益を出すことを
目的として、都会のファミリーマンションを購入する人もいます。

ただ、都会のファミリーマンションを購入する時は、
売却をする時には、立地条件が非常に重要です。

少なくとも、鉄道の駅から歩いて5分以内の場所に
ファミリーマンションがあることが条件です。

また、東京23区、大阪市、横浜市以外の都会では、
駐車場もある程度必需品となります。

このような事を考えて、不動産投資をするために
ファミリーマンションを購入すると良いです。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » コツコツと不動産投資をする » ファミリーマンションの都会の物件は、不動産投資の出口戦略を作れる