3点ユニットのワンルームは、不動産投資で失敗しやすい | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



3点ユニットのワンルームは、不動産投資で失敗しやすい

3点ユニットワンルームは、不動産投資で失敗しやすいです。


トイレ・洗面所・バスが一緒に部屋にある間取りが、3点ユニットです。

中古のワンルームのマンションなどでは、結構見かけます。

特に、バブル時代に作られたワンルームは、この間取りが多いです。

この3点ユニットですが、基本的には入居者に人気が無いです。

そのため、ワンルームで3点ユニットは購入をしないことがベストです。

しかし、3点ユニットであってもワンルームの場合は
それなりに入居者が埋まる地域があります。

それは、東京都23区、大阪市、名古屋市、横浜市などの大都会です。

鉄道の駅から歩いて3分以内の場所であれば、
3点ユニットであっても、それなりに埋まります。

ただ、トイレとバスが別の部屋に比べれば、やはり入居者が敬遠をしやすいです。

このため、3点ユニットの間取りのワンルームは、
その地域で最安値の家賃で募集をする必要があります。

これは地方のワンルームであっても、同じ考えです。

しかし、地方で賃貸住宅に住む人は、
設備に関しては非常に贅沢なものを探します。

それだけたくさんの賃貸住宅があるからです。

このため、人気が無い3点ユニットは、都会以外では
入居者の募集が苦しいので、不動産投資に失敗しやすいです。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » コツコツと不動産投資をする » 3点ユニットのワンルームは、不動産投資で失敗しやすい