収益物件を購入する時は、重要事項説明書の内容を確認する | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



収益物件を購入する時は、重要事項説明書の内容を確認する

収益物件購入する時は、重要事項説明書の内容を確認する事です。


不動産投資物件を購入する時には、契約をする時に重要事項の説明を受けます。

それを文章にしたのは、重要事項説明書です。

この重要事項説明書は、非常に重要です。

もし、購入をした収益物件に問題があって裁判になった時には、
この重要事項説明書を基本として裁判が進みます。

そのため、重要事項説明書に書いたある事は、
基本的に訴えることができません。
(意図的に隠ぺい工作などをした場合は別)

このような事から、重要事項説明書の内容をしっかりと把握して
収益物件を購入するべきです。

このため、収益物件の売買契約前に重要事項説明書を
自分の目で確認をする必要があります。

しかし、売買契約時に重要事項説明書を見ても、
売主を待たせることになりますし、
落ち着いていも見ることができません。

そのような事から、売買契約日の前日までに
重要事項説明書のコピーを郵送してもらうと良いです。

重要事項説明書には、以下の事が記載されています。

・契約の解除に関する事項

・瑕疵担保責任の履行措置。(不動産の欠陥に関しての措置)
(中古の収益物件は、現状渡しのため瑕疵担保はない事が多い。)

・登記されている権利の内容と種類(抵当権など)

・法令上の制限

・私道の負担の有無

・上下水道、電気、ガスの整備状況

・手付金などの保全措置(収益物件は基本的に無し)

・代金、交換差金、借賃以外の成就される金銭(手付金など)

・代金、交換差金の斡旋内容と賃借不成立の場合の措置(ローン特約の記載)

・損害金の予定、違約金の額

このような事が法律で重要事項説明書に
記載をする事が義務付けられています。

しっかりと確認をしてから、売買契約をするべきです。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » 収益物件を探す基本情報 » 収益物件を購入する時は、重要事項説明書の内容を確認する