収益物件を購入する時の決済場所は、金融機関 | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



収益物件を購入する時の決済場所は、金融機関

収益物件購入する時の決済場所は、金融機関です。


不動産投資物件の決済をする時は、融資を受ける金融機関で行います。

現金で収益物件を購入する時は、
買い主が好きな金融機関でする事ができますが、
融資を受ける時は、万が一のことを考えて、
必ず融資を受ける支店で決済を行います。

不動産というものを購入をする事は、数千万円、
数億円のお金が動きます。

そのため、世の中には、地面師などの詐欺師も存在をします。

もし、地面師にお金を取られたら、金融機関は大損をします。

このような事を防ぐために、収益物件の決済は
融資を受ける金融機関の支店で行います。

決済を行う時は、応接間のような部屋を借りることが一般的です。

その中で、最初は司法書士が売主から登記識別情報(権利書)
の確認をして、その後に買い主から代理人の委任状を書いてもらいます。

司法書士は、基本的に金融機関が指定をする事になります。

そのため、何も心配をする必要がありません。

もし、現金で収益物件を購入する場合は、
自分が指定をする司法書士を選ぶことができます。

決済は、売主が指定をする金融機関に
振り込みで物件の購入残金を振り込みます。

電信扱いで行うため、すぐに入金が確認をできるはずです。

このような流れで、決済が完了をします。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » 収益物件を探す基本情報 » 収益物件を購入する時の決済場所は、金融機関