収益物件を購入する時の流れは、契約⇒決済・引き渡し | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



収益物件を購入する時の流れは、契約⇒決済・引き渡し

収益物件購入する時の流れは、契約⇒決済・引き渡しです。


不動産投資物件を購入する事になりますと、まず、売買契約を結びます。

この時には、不動産投資ローンの融資の審査が
終わっていないことがほとんどです。

そのような状況で売買契約を結ぶのです。

収益物件の売買契約を結ぶときには、重要事項の説明を受けます。

この重要事項の説明には、重要事項説明書とい書類があります。

一般的には、売買契約を結ぶときに、買い主が初めてみるものですが、
そのような状況では好ましくありません。

そのため、まず、売買契約を結ぶ前日までに重要事項説明書のコピーを
FAXなり、郵送などで送ってもらいましょう。

重要事項説明書というのは、自分が購入をする収益物件に関する
重要な事項が記載をされています。

簡単に言えば、その収益物件の法律で制限を受ける条件や
今までの物件の履歴による重要な情報が記載をする義務があります。

極端に言えば、収益物件の部屋の中で自殺などがあった場合は、
この重要事項説明書に記載されています。

このような事を売買契約の当日に知ってからでは、
契約を反故にするのは難しいです。

そのため、重要事項説明書は最低でも売買契約の前日に確認をする事です。

売買契約は、仲介をする不動産会社で行うのが一般的ですが、
売主の住んでいる場所で行ったりします。

売買契約時に手付け金を売主に渡します。

そして、売買契約書に捺印と署名をして、売買契約は終了です。

その後に、売主と相談をして、決済日を決めます。

決済場所は、基本的に融資を受ける金融機関の支店で行います。

立ち会うのは、不動産仲介会社の担当の方と売主、自分、司法書士、
融資を受ける金融機関の担当の方などです。

この決済では、手付金を除いた物件価格の残額の引き渡しを行います。

金融機関の振り込みで残金の支払いをします。

そして、司法書士が所有権移転登記を行います。

こうして、法律的に収益物件の決済と引渡しが終了をします。

これで晴れて、自分がアパートの大家となるのです。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » 収益物件を探す基本情報 » 収益物件を購入する時の流れは、契約⇒決済・引き渡し