収益物件を購入したい時は、買い付けを入れる | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



収益物件を購入したい時は、買い付けを入れる

収益物件購入したい時は、買い付けを入れる事です。


不動産投資物件を探していて、気に入った物件があったとすれば、
直接、物件を見に行ってその物件を購入したいと思います。

そのような時は、買い付けを入れることになります。

では、買い付けを入れるには、どうすればいいかと言いますと、
実に簡単で「この物件に買付けを入れます。」
と、不動産会社の担当の方に言えばいいのです。

そうしますと、買付証明書を出してくれます。

買付証明書に書くことは、だいたい決まっています。

まず、自分が収益物件をどの程度の金額で購入をしたいか、記入をします。

そして、自分の住所と名前を書いて、印鑑を押します。

このため、収益物件を案内をしてもらう時は、
必ず印鑑を持っていくことです。

さらに、収益物件を購入する時は、ほとんどの人がローンを利用しますので、
「ローン特約有り」と記入をします。

そして、ここからが重要な事ですが、
「買い主が指定をする金融機関で融資を受ける事ができない場合は、
 無条件で契約を解除とする。」

このように買付証明書に記入をします。

このような記入が無ければ、自分が希望をする金融機関から
融資を受ける事ができない場合、非常に融資の条件が不利な
金融機関から融資を受けさせられる可能性があります。

酷い時には、金利が4.5%の不動産投資ローンを
紹介されて収益物件を購入をさせられる可能性があります。

このような事を防ぐためです。

さらに、買付証明書に
「建物の価格を70%(消費税抜き)、土地の価格を30%とする」
と記入をします。

これは、ものすごく有効な節税ができるようになりますので、
必ず記入しておきましょう。

そして、最後に不動産会社の担当の方に、
「買い主の危険負担を特約で引き渡しまで排除してください。」
と言えばよいです。

基本的には、ほとんどの不動産会社は、
この危険負担を特約で排除しているので大丈夫なはずですが、
一応の確認です。

以上の事を確認をして、買付証明書を書いて
不動産会社の担当の方に渡します。

あとは、売主からの回答を待つだけです。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » 収益物件を探す基本情報 » 収益物件を購入したい時は、買い付けを入れる