収益物件を購入する時は、融資をすべて断られたら、キッパリと諦める | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



収益物件を購入する時は、融資をすべて断られたら、キッパリと諦める

収益物件購入する時は、融資をすべて断られたら、キッパリと諦める事です。


不動産投資物件を購入する時は、不動産投資ローンを利用する事がほとんどです。

そのため、金融機関に融資をお願いする時に審査を受けます。

この審査に1回断られたぐらいでは、
収益物件を購入する事を諦めていけません。

しかし、10回も審査に落ちるようなことがあれば、
その収益物件を購入する物件ではありません。

なぜかと言いますと、たくさんの金融機関が融資の審査をした物件で
融資をOKしなかった収益物件は、採算が取れない可能性が非常に高いです。

金融機関が収益物件の収益性に疑問を持って、
審査で融資を認めなかったのです。

もし、このような収益物件を購入をしますと、
かなり高い確率で破綻をします。

不動産投資ローンの返済ができなくなり、差押えをされて
自分の購入した収益物件が競売にかけられます。

実際に、このようなケースは多いのです。

2005~2008年のリーマンショックぐらいまで、
不動産投資ローンは、かなり審査が甘い金融機関がありました。

たくさんの金融機関で審査に落ちても、ある金融機関で融資の審査が通って
無理に収益物件を購入した人がいたのです。

そのような人たちの多くが、現在、不動産投資ローンを家賃収入で
支払うことができずに、自分の給料から支払ったり、
中には、自己破産をした人もいます。

このため、6つや7つぐらいの金融機関に融資を断られる
収益物件の購入は諦めることです。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » 収益物件を探す基本情報 » 収益物件を購入する時は、融資をすべて断られたら、キッパリと諦める