収益物件を購入する時は、手付金が物件価格の10%必要 | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



収益物件を購入する時は、手付金が物件価格の10%必要

収益物件購入する時は、手付金が物件価格の10%必要です。


不動産投資物件を購入する事になり、売買契約を結ぶときには、
売主に手付金を渡します。

この手付金は、一般的な不動産取引の慣習として、
物件価格の10%が必要です。

そして、手付金の渡し方は現金で渡したり、小切手で渡したりします。

このあたりの事は、仲介をする不動産会社の方針によって
全く違います。

私は、今まで、現金で手付金を渡したことがありますし、
小切手で手付金を渡したこともあります。

どのような方法で手付金を渡すかは、仲介をする
不動産会社の担当の方の指示に従えばよいです。

ただ、手付金の金額はキッチリ10%と
決まっているわけではありません。

切りのいい金額で決めたりもします。

私は、2150万円の収益物件を購入したことがありましたが、
その時は、手付金は200万円でした。

このような事もありますので、仲介をする不動産会社の担当の方に
手付金について、お互いによく話し合うことが必要です。

手付金を支払う時は、まだ、不動産投資ローンの融資を受ける前です。

そのため、手付金を支払う現金を持ってなければ、
収益物件を購入する事ができません。

手付金も含めて、不動産投資ローンで
融資を受ける事ができないのです。

このため、収益物件を購入する時は、手付金を支払うためにも
ある程度の現金を持っていることが必要なのです。

なお、手付金は収益物件の決済の時に、
物件に支払う金額に含まれることになります。

そのため、ローン特約を適用する時か、売主から契約を解除しない限り、
手付金は戻ってきません。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » 収益物件を探す基本情報 » 収益物件を購入する時は、手付金が物件価格の10%必要