収益物件を購入する時は、融資を受けるために複数の金融機関と交渉をする | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



収益物件を購入する時は、融資を受けるために複数の金融機関と交渉をする

収益物件購入する時は、融資を受けるために複数の金融機関と交渉をする事です。


不動産投資物件を購入をする時は、ローンを利用する事がほとんどです。

このローンを利用する時は、ほとんどの人が金融機関を利用する事になります。

では、どのような金融機関を利用すればいいのか?

これは、自分で地道に複数の金融機関を訪問をして、
融資の条件を聞くことが一番です。

不動産投資ローンに関しては、各金融機関によって
まったく対応が違いますし、融資条件も違います。

当然、金利もまったく違いますし、中には不動産投資ローンを
取り扱っていない金融機関もあります。

このため、最初は1つの金融機関に絞らずに
複数の金融機関に交渉をしてみることです。

まず、不動産投資ローンを借りるために、
金融機関と交渉をする時は、自分が取引がある金融機関の支店に
電話で融資が可能であるか、聞いてみることです。

一般的にお金持ち(貯金3000万円以上持っている人)以外の
普通の人は、信用金庫>地方銀行>都市銀行という順番で、
融資を受けるのが厳しいです。

ただ、自分の取引がある金融機関が都市銀行であっても、
すぐにはその銀行との取引を諦めないことです。

例えば、り〇な銀行は、現在、不動産投資ローンに
非常に積極的です。

まずは、自分が取引がある金融機関と交渉をして、
条件面や融資が厳しそうであれば、すぐに他の金融機関に
融資が可能であるか、打診をしてみるべきです。

地方銀行などは、結構狙い目です。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » 収益物件を探す基本情報 » 収益物件を購入する時は、融資を受けるために複数の金融機関と交渉をする