収益物件を購入する時は、ローン特約を付ける | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



収益物件を購入する時は、ローン特約を付ける

収益物件購入する時は、ローン特約を付けることです。


不動産投資物件を購入をする時は、多くの人がローンを利用します。

そのような時に、ローンの審査に落ちて
収益物件を購入できないことがあります。

このような状況になりますと、
契約の条項に「ローン特約」が記載されていれば、
無条件で契約を解除できます。

このため、契約時に支払った手付け金も
全額自分の元に戻ってきます。

一般的に「ローン特約」は、多くの不動産会社が作成をする
契約書には自動的に記載されているものです。

しかし、たまに「ローン特約」を記載しないで契約書を
作成する不動産会社の担当の方もいます。

そのような場合は、ローン特約が無い契約書となり、
ローンの審査に落ちて、融資ができなくて契約を解除をする際は、
手付け金を返してくれない状況になります。

法律的にも、売主が手付け金を返す必要が無いです。

これでは、収益物件を購入しようとしている買い主が
大損をするだけです。

このような事を防ぐために、収益物件を購入する時に、
買付け証明を書くときには、必ず「ローン特約あり」と
記入をするべきです。

そうする事で、無用なトラブルを防ぐ事ができます。

収益物件を購入する時に、内々で金融機関から
融資の承諾を受けていても、
融資の審査が通らないことがあります。

このような時に、契約書に「ローン特約」がなければ、
手付け金が戻ってきません。

このような事を知っておくことで自分が損をしなくなります。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » 収益物件を探す基本情報 » 収益物件を購入する時は、ローン特約を付ける