購入をしたい収益物件があったら、登記簿で確認をする | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



購入をしたい収益物件があったら、登記簿で確認をする

購入をしたい収益物件があったら、登記簿で確認をする事です。


不動産投資物件を探していて、物件の明細を取り寄せることがあります。

そして、本当に気に入った物件であれば、
収益物件の土地や建物の登記簿謄本を確認する事が必要です。

不動産の登記簿謄本は、法務局で取ることができますし、
インターネットで取ることができます。

法務局まで行くのは、面倒くさいですし、働いていると
法務局が開いている時間にはなかなか行けません。

そのため、インターネットで登記簿謄本を
取ることをおススメします。

登記情報提供サービス

こちらはクレジットカードとメールが使えれば、誰でも利用できます。

基本的に全国ほとんどの地域の登記簿を取ることができます。

収益物件の土地や建物の登記簿を取る時は、地番が必要です。

もし、不動産会社からもらった物件明細に住所しか
掲載されていなければ、地番を聞きましょう。

不動産会社の担当の人にすぐに連絡を取れない時は、
収益物件の所在地である役所に住所を伝えて、
地番を教えてもらいましょう。

不動産の登記簿には、今までのその不動産の所有者全員の
名前、住所などが掲載されています。

また、抵当権などが設定をされていれば、
抵当権を設定している機関・個人、抵当権の金額
なども掲載されています。

この抵当権の金額を知ることで、収益物件の購入価格の
交渉ができる可能性があります。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » 収益物件を探す基本情報 » 購入をしたい収益物件があったら、登記簿で確認をする