ファミリーの収益物件は、長い期間入居する事が多い | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



ファミリーの収益物件は、長い期間入居する事が多い

ファミリー収益物件は、長い期間入居する事が多いです。


不動産投資物件を探していますと、いろいろな間取りがあります。

ワンルーム、2DK、3DKなどがあります。

この中でファミリー物件である2DKや3DKの収益物件は、
長い期間、入居をすることが多いです。

ただし、2DKは入居期間が短いこともあります。

まず、2DKの間取りは、広い部屋に住みたい単身者と
新婚の家族が入居をすることが多いです。

単身者の場合は、結婚などをしない限り、
長い期間入居をすることが多いです。

ただ、新婚の家族の場合は子供ができると退去をすることが多いです。

そのため、ファミリー物件の中で2DKは意外と退去が多いです。

そして、現在一番空室率が高い間取りです。

これに比べて、3DKは住む人が4人ぐらいの家族の世帯であるため、
長い期間、入居をすることが多いです。

ファミリーの世帯は、自宅を購入したり転勤などが無い限り、
基本的に住居を変えようとしません。

もし、ファミリーの世帯が頻繁に住居を変えるような収益物件であれば、
立地条件が悪い物件であることが間違いないです。

このような収益物件を購入をしてはいけません。

ファミリーの物件は、部屋の広さが広い方が長い期間入居をします。

3DKで60㎡以上の広さがあれば、4人家族であっても
住んでいて不満を感じません。

ただ、設備(エアコン)などは、10~13年に一度新品に変えないといけません。

このような事を頭に入れて、ファミリー物件は購入を検討をするべきです。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » 収益物件を探す基本情報 » ファミリーの収益物件は、長い期間入居する事が多い