中古の収益物件は、欠陥(瑕疵)が出尽くしていることが多い | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



中古の収益物件は、欠陥(瑕疵)が出尽くしていることが多い

中古収益物件は、欠陥(瑕疵)が出尽くしていることが多いです。


不動産投資というのは、収益物件という不動産を購入する事が必要です。

収益の不動産というのは、建物があることがほとんどです。
(月極駐車場などは別)

この建物に関しては、欠陥を気にすることが多いです。

確かに、住宅物件というのは欠陥がある物件はあります。

しかし、一番欠陥が見つかりやすいのは、新築物件であり、
築15年以上の中古物件は、欠陥(瑕疵)が出尽くした後であることが多いです。

このため、必要以上に建物の欠陥(瑕疵)を怖がる必要はないです。

ただ、収益物件を購入する時は、それなりの欠陥を調べる事は必要です。

しかし、欠陥を調べることは、そんなに難しくないです。

まず、収益物件の外観から簡単に欠陥がある物件であるか、確認できます。

その方法として、基礎の土台の部分に大きなヒビが無いか、
自分の目で調べることです。

多少のヒビは、どのような収益物件であっても発生します。

ただ、0.5ミリ以上のヒビがある収益物件はNGです。

そのような収益物件を購入してはいけません。

外観がボロイ物件であれば、そのあたりの事は
外壁を塗装をすれば、何とかなります。

部屋の室内に入ることができれば、ドアの開け閉めや
窓の開閉をして、きっちり開閉できれば、問題ないです。

また、100円ショップで水準器を購入して、
ドアのサシの辺りにおいて、建物の水平度を確認をすればよいです。

この時に、部屋のフローリングの上に水準器を置いても、
フローリングが反っていることがありますので、
正確に建物の水平度を確認できません。

さらに、ドアのサシにゴルフボールを置くと良いでしょう。

もし、勢いよく転がれば、建物は完全に傾いています。

ただ、木造の建物は傾いていても、
傾きをジャッキで直すことができます。

このあたりの事は、収益物件を購入する前に、
専門業者に確認をしてください。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » 収益物件を探す基本情報 » 中古の収益物件は、欠陥(瑕疵)が出尽くしていることが多い