RC・SRCの収益物件は、ローンの返済期間を長くできる | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



RC・SRCの収益物件は、ローンの返済期間を長くできる

RCSRC収益物件は、ローンの返済期間を長くできます。


不動産投資物件を探していると、たくさんの建物の構造を発見できます。

その中でRC・SRCの収益物件は、ローンを長い期間組めます。

これは、RC・SRCは減価償却期間が47年であるからです。

そのため、築20年ぐらいであっても、
30年ぐらいの返済期間のローンを組めます。

さらに、RC・SRCは積算価格が高いことが多いため、
フルローンで借りることも難しくありません。

このような事から、ローンを活用をして、
大きな収益物件を購入する事ができます。

都会のRC・SRCは、駐車場が無くても十分入居者が決まることが多いです。

そのため、部屋数がかなり多くても
問題なくアパート経営を運営できることが多いです。

地方のRC・SRCは、駐車場が部屋数分以上ないと入居者が決まりにくいので、
敷地も広くないといけません。

このため、土地と建物の積算価格は、かなり高くなります。

このような事から、比較的最初に購入をする収益物件として、
RC・SRCを購入する人が多いです。

ただ、RC・SRCは10~15年に一回は修繕が必要です。

この修繕費は、RC・SRCの場合は数千万円掛かります。

このため、維持費がかかることがネックとなります。

そのような事を踏まえたうえで、RC・SRCを購入すると
上手く運用ができます。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » 収益物件を探す基本情報 » RC・SRCの収益物件は、ローンの返済期間を長くできる