中古の木造の収益物件は、維持費が安い | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



中古の木造の収益物件は、維持費が安い

中古の木造収益物件は、維持費が安いです。


不動産投資物件を探していますと、いろいろな構造の物件があります。

その中で中古の木造の収益物件というのは、維持費が安いです。

まず、減価償却期間が22年であるため、
築15年ぐらいの木造の収益物件の場合は、
建物の固定資産税が安くなります。

また、木造の収益物件は修繕費も安いです。

外壁や屋上防水工事をしても、300㎡の延べ面積の建物で
200~300万円ぐらいでできます。

これがRC・SRCの場合は、修繕費が数千万円掛かりますので、
そのような事を考えれば、木造の修繕費は非常に安いです。

さらに、木造の建物は修理がしやすいです。

万が一、建物が傾いていても、ジャッキでアップさせることができます。

シロアリ対策はキッチリとしないといけませんが、
その費用も大した金額ではありません。

このため、木造を敬遠をしている人は、
意外と税金や修繕費の事をよく知らない人が多いです。

儲けている専業大家の人は、木造や軽量鉄骨造の中古アパートを
たくさん持っていることが多いです。

減価償却の期間が短くできるので、実際に手取りの家賃収入が
減価償却費でほとんどなくすことができて、
所得税があまり掛からないことが多いです。

そのような事から、アパートの大家をして現金を残すのであれば
木造の中古アパートを購入する人が意外と多いです。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » 収益物件を探す基本情報 » 中古の木造の収益物件は、維持費が安い