誰も買わない収益物件は、鬼の指値の価格交渉が可能 | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



誰も買わない収益物件は、鬼の指値の価格交渉が可能

誰も買わない収益物件は、鬼の指値価格交渉が可能です。


不動産投資物件を探していますと、数ヶ月経っても
まったく売れない物件は意外とあります。

特に、インターネットで収益物件を探していると、
いつも収益物件専門のホームページに掲載をされている
物件を見かけます。

そのような収益物件は、基本的に誰も購入をしない収益物件です。

なぜ、誰もその物件を購入をしないのか?

簡単に言えば、問題がある物件であるからです。

例えば、空室率が高い地域のアパートであったり、
川に近いマンションであったり、海に近い収益物件であったり、
事故物件であったり、リフォームがかなり必要な物件であったり、
いろいろな問題があります。

このような問題がある物件は、誰も買いたいとは思いません。

そのため、このような収益物件は
大幅に価格交渉ができる可能性があります。

売値の50%ぐらいで購入できる可能性を秘めています。

もし、そのような物件で気に入った収益物件があれば、
大幅に購入する価格を下げて、買い付けを入れてみましょう。

このような方法を「鬼の指値」と言います。

北海道では、「鬼指」と言いまして、非常に有名な方法です。

この鬼指は、都会の収益物件より、地方の収益物件の方が
成功をする可能性が高いです。

どうしても、都会の収益物件は購入する人が多いため、
鬼指が成功しにくいです。

しかし、地方の収益物件は購入をする人が少ないため、
誰も買わないような収益物件は、
鬼指が成功をする可能性を秘めています。

誰も買わない収益物件を見つけて、気に入れば
鬼指で買付を入れてみるといいです。

確率は低いですが、収益物件を安く買える時があります。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » 収益物件を探す基本情報 » 誰も買わない収益物件は、鬼の指値の価格交渉が可能