利回りが低い収益物件は、売却価格が間違っていることが多い | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



利回りが低い収益物件は、売却価格が間違っていることが多い

利回りが低い収益物件は、売却価格が間違っていることが多いです。


不動産投資物件を探していますと、異常に利回りが低い物件があります。

そのような物件は、不動産仲介会社が売却価格を釣り上げているか、
売主が売却価格を高くしているか、どちらかです。

ただし、東京都23区内の収益物件は別です。
(利回り8%前後が普通です。)

不動産仲介会社が売却価格を釣り上げることは、よくあることです。

特に大手不動産会社は、この傾向が強いです。

それには理由があります。

まず、大手不動産会社というのは、自分たちですべて売却を仲介したいです。

そうしますと、不動産投資物件を売却をしたときの仲介手数料が
両手でもらえます。

仲介手数料が両手でもらえる意味は、
買い主と売主から仲介手数料を貰えるのです。

例えば、1億円の不動産投資物件を仲介しますと、
306万円+消費税分の金額を買主と売主からもらえます。

そのため、712万円+消費税分の金額を仲介手数料としてもらえます。

これが、他の不動産仲介会社が仲介に入りますと、
半分の売主分の306万円+消費税分の金額しか仲介手数料がもらえません。

このため、大手不動産仲介会社はワザと相場以上の売却価格で
収益物件を売却しようとするのです。

このような収益物件は、購入を検討しないことです。

そうする事で、1~2年以上売れ残ることになり、
いずれ、大幅な価格の交渉ができる収益物件となります。

売主が売却価格を釣り上げている場合は、
いろいろな事情があります。

収益物件を購入をしたときの借金がたくさん残っていたり、
相場をまったく無視して、売却価格を高くしていたりします。

このような物件は、一応、売却価格を交渉をする余地があります。

しかし、基本的には売主が交渉をした売却価格に
納得をしないことが多いです。

そのような時は、あっさりと引き下がって、
1~2年様子を見てみましょう。

必ず売れ残っています。

そのような売れ残っている物件は、何年かしたら
価格の交渉ができる収益物件となるのです。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » 収益物件を探す基本情報 » 利回りが低い収益物件は、売却価格が間違っていることが多い