利回りが高い収益物件は、何か問題があることが多い | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



利回りが高い収益物件は、何か問題があることが多い

利回りが高い収益物件は、何か問題があることが多いです。


不動産投資物件を探していると、利回りが高い収益物件を発見をする事があります。

地方では、20%以上の利回り。

都会では、15%以上の利回り。

このような高い利回りの収益物件は、何か問題があることが多いです。

一番多い問題は、心理的瑕疵がある物件です。

心理的瑕疵というのは、「事故物件」

この物件が多いですね。

事故物件というのは、収益物件の敷地の中で人が死んでいることです。

自殺や他殺、孤独死などが収益物件の敷地の中であった物件を言います。

このような事故物件は、多くの人が積極的に購入しようと思いません。

そのため、売却価格が一般の市場の50%ぐらいで
売りに出されることが多いです。

このため、利回りが20%を超えることがあります。

私は、今まで三重県松阪市でアパートの中で孤独死が発生した物件を
利回り29%で売りに出されていたことを見ています。

この物件はすぐに売れました。

事故物件というのは、購入をする事を気にしない人がいます。

そのような人は事故物件を購入してもいいです。

しかし、多くの人は事故物件は購入をしないほうが良いでしょう。

なぜなら、事故物件を購入して、自分の所有物になった瞬間、
精神的にプレッシャーがかかって、耐えられない人が圧倒的に多いからです。

他に、利回りが20%を超える物件として、
収益物件の敷地内に駐車場が無い場合や少ない物件があります。

私が購入をした利回り27%の収益物件が、このような物件でした。

ワンルームで14部屋ある収益物件でしたが、
敷地内に3台しか駐車場のスペースがありません。

そのため、敷地外の月極駐車場に
11台分の駐車場を借りていました。

このような事もあって、利回りが非常に高かったのです。

多々、このような収益物件は、物件の近くに月極駐車場が
安く借りることができれば、特に問題ないです。

そのため、積極的に購入をするべき収益物件と言えるでしょう。

この他、利回りが高い収益物件は、いろいろな問題があることが多いです。

その問題を解決できるもの出れば、ぜひ、購入を積極的に検討をするべきです。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » 収益物件を探す基本情報 » 利回りが高い収益物件は、何か問題があることが多い