地方の収益物件は、基本的に利回りが高い | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



地方の収益物件は、基本的に利回りが高い

地方の収益物件は、基本的に利回り高いです。


不動産投資物件を購入する時に、地方の収益物件を探していますと、
一般的に利回りが高いです。

逆に言えば、地方の収益物件で利回りが低いものは、
購入をしないほうが基本的にはよいでしょう。

一般的に、地方の収益物件の利回りの基準は15%です。

入居者希望者の需要が多い地域であれば12%以上。

あまり需要が多くない地域であれば18%以上。

このぐらいの利回りの収益物件を購入するべきです。

地方で利回りが低い収益物件を購入すると悲惨です。

まず、繁忙期(1~4月)以外はそれほど空室が発生をした時に、
入居者が決まりにくいです。

都会と同じ感覚で考えると痛い目にあいます。

半年ぐらいは平気で空室になることはざらです。

需要が無い地域であれば、一年ぐらいは
空室であることも珍しくありません。

このため、地方に収益物件を購入をする時は、
しっかりと事前調査をすることが必要です。

地方で利回りが低い収益物件をローンを組んで
購入をしますと、破綻をする可能性が高まりますので、
注意が必要です。

地方の収益物件の中には、利回りが20%を超える
物件があっても珍しくありません。

ただ、そのような収益物件は何かマイナスの面があります。

どのようなマイナス面があるか、しっかりと調べることが必要です。

例えば、収益物件の敷地内に駐車場が数台しかなければ、
近くに月極駐車場が無いか、あらかじめ確認をすることが必要です。

地方というのは、人口が少ないため、いったん空室が発生をすると
次の入居者が決まりにくいですが、その分、利回りが高いことが多いです。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » 収益物件を探す基本情報 » 地方の収益物件は、基本的に利回りが高い