3点ユニットの収益物件は、購入をしない | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



3点ユニットの収益物件は、購入をしない

3点ユニット収益物件は、購入をしない事です。


不動産投資を始めるために、収益物件を探していると
いろいろな物件の情報を知ることになります。

その中で、今後、明らかに入居者が決まりにくい
収益物件の間取りなどがあります。

一番有名な間取りとして、3点ユニットです。

この3点ユニットというのは、風呂、洗面台、トイレが同じ部屋にあることです。

ビジネスホテルではよくある間取りですが、
賃貸物件として人気がありません。

しかし、バブル時代に作られた収益物件は、
意外と3点ユニットが多いのです。

その理由は簡単です。

収益物件を建てた建築会社のコストが安くなるからです。

このため、3点ユニットの物件は、現在でも多く売りに出ています。

ただ、多くが売れ残っていることが多いです。

やはり、賃貸物件として、入居者が借りる部屋を選ぶときは、
3点ユニットを敬遠をするのです。

特に、都市部ではなく、地方都市ではこの傾向が非常に強くなります。

そのため、いくら利回りが高いからと言って、
3点ユニットの物件を購入をしますと、
入居者の募集に苦労をして、満室になることが難しいのです。

このような事から、収益物件を購入する時は、
3点ユニットは購入をしないことです。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » 収益物件を探す基本情報 » 3点ユニットの収益物件は、購入をしない