アパートの大家になるには、サラリーマンという立場を十分に活用する | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



アパートの大家になるには、サラリーマンという立場を十分に活用する

アパート大家になるには、サラリーマンという立場を十分に活用する事です。


不動産投資を始めるには、サラリーマンという経歴を自覚する事です。

まず、サラリーマンというのは毎月、給料をもらえます。

これが自営業者であれば、そのような事は絶対にあるとは言えません。

毎月、黒字である保証はないのです。

しかし、サラリーマンは、勤めている会社が倒産をしない限り、
毎月、収入があります。

このため、自営業者をサラリーマンを比べると、
属性はサラリーマンの方が良いのです。

このような事は、収益物件を金融機関から融資を受ける時に
理解できます。

自営業者が自分の行っている事業以外で融資を受ける事は、
一般の人が考えている以上に難しいのです。

しかし、サラリーマンが収益物件を購入をするために
金融機関から融資を受ける事は、物件が変なものでなければ、
決して難しくないのです。

これは、サラリーマンが毎月、安定をして収入があるからです。

このため、将来、不動産投資物件をたくさん購入して、
サラリーマンを卒業をしたい人であっても、
ある程度、家賃収入が多くなるまでは、
サラリーマンを簡単に辞めないほうが良いのです。

なぜなら、サラリーマンを辞めて自営業者になりますと
金融機関から融資を受けにくくなるからです。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » アパートの大家になる基本 » アパートの大家になるには、サラリーマンという立場を十分に活用する