アパートの大家になると、想像以上に暇です | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



アパートの大家になると、想像以上に暇です

アパート大家になると、想像以上にです。


不動産投資を始めますと、自分が考えている以上に暇です。

もし、アパートの大家になって、「忙しい」と言っている人は、
ケチであるか、何でも自分で物事をしないと気が済まない人です。

正直、そのような人は、専業大家をしている私から見れば、
非常にムダな事をしているとしか思えません。

私は、アパートを2棟、26部屋所有して、
毎月の家賃収入が100万円以上ある専業大家ですが、
正直なところ、毎日がうれしい意味で暇です。

非常にのんびり暮らしています。

これは、不動産投資を「不労所得」を得るために、
徹底をしているからです。

しかし、アパートの大家をやっていて、
ものすごく忙しくしている人がいるんですよ。

このような人は、私の価値観では意味のない事をやっている
勘違いをしている人間としか思えません。

今まで不動産投資をしている人で、
家賃収入が1年間で1億円以上あるサラリーマン大家に
個人的に会ったことがあります。

その人は、自分の所有しているほとんどの収益物件を
管理会社に管理をお願いしているのですが、
それでも、自分から率先して、物件の管理をしているのです。

入居者の方から、ちょっとしたクレームがあっても、
管理会社に任せずに、全部自分で解決をしています。

それだけでなく、わざわざ入居者の方に現在して欲しい要望を
聞いて、それをできる限り実現しています。

このため、サラリーマンとアパートの大家を2足のわらじでしているため、
恐ろしいほど働いています。

時間なんて全く自由な時間がありません。

少しでも、時間があれば、アパートの大家の仕事をしています。

不動産投資を始めて、このような事をしていては、まったく意味が無いです。

逆にハッキリ言いますが、愚かと言っていいでしょう。

実際に、専業大家をしている私のアパートの大家としての仕事を紹介しますと、
1ヶ月間で3日間だけ、働いています。

2日間は、1日ずつ自分の所有するアパートに1棟ずつ訪問をして、
お世話になっている管理会社と不動産賃貸仲介会社に
差し入れを入れて、世間話をします。

その後、アパートに行って、クモの巣が張らないスプレーを階段に吹き付けて、
あとはゴミ拾い。

これだけで、仕事は終了。

もう1日は、アパートの大家として、経理をします。

私は青色申告者であるため、複式帳簿をパソコンでつけています。

毎月、1回、経理をしていますが、費やす時間は3~4時間程度。

これでアパートの大家の仕事はお終いです。

本来、不動産投資を始めて、アパートの大家になったら、
この程度の非常に少ない仕事量であるのが基本です。

このような事ができるのは、管理会社にお金を払って、
いろいろなクレームなどに対応をしてもらうからです。

しかし、そのために支払っている費用は、管理委託料も含めて、
毎月4万円程度です。

たかが毎月4万円程度のお金を支払いたくないために、
自分が重労働をしていては、不労所得ではなく、
苦労所得となります。

このような事を理解していれば、多少のお金を払って、
アパートの大家の仕事を外注化をすれば、
専業大家は想像以上に暇です。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » アパートの大家になる基本 » アパートの大家になると、想像以上に暇です