アパートの大家になるには、数字に強くなる | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



アパートの大家になるには、数字に強くなる

アパート大家になるには、数字に強くなる事です。


不動産投資を始める時には、数字に強くなっていると
失敗をする可能性が非常に低くなります。

なぜなら、収益を自分で論理的に計算をできるからです。

そのため、ハズレの収益物件を購入する事が無くなります。

そのような物件は、自分の購入をする物件として
対象外になる基準となるからです。

このような基準を作るには、数字に強くなることが必要ですが、
別に難しいことではありません。

足し算・引き算・掛け算・割り算ができれば十分です。

計算も暗算などでする必要が無く、計算機を使って
正確に計算をすればいいのです。

アパートの大家になりますと、入ってくるお金と
出ていくお金が必ずあります。

入ってくるお金は家賃収入・共益費・駐車料などです。

出ていくお金は、修繕費・保険料・管理委託料・固定資産税などです。

この中で、必ず出ていくお金というものが存在をします。

固定資産税や管理委託料などです。

一般的に必ず出ていくお金は、家賃収入の20%ぐらいです。

毎月の家賃が50万円としますと、必ず出ていくお金は10万円です。

このため、実際に手取りの金額は、毎月40万円となります。

収益物件の利回りを計算をする時は、この手取りの金額を基に
計算をすると、収支がより鮮明に分かります。

そうする事で、黒字になる収益物件を購入できるようになります。

例えば、手取りの金額で毎月40万円の物件を購入するには、
利回りが12%であれば、4000万円の収益物件です。

この場合、家賃収入は、毎月50万円ですので、
4000万円の物件の表面利回りは15%となります。

このような考え方で、収益物件の収益を計算をすることで、
損をしない物件を購入できるようになります。

そのためには、数字に強くなる事です。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » アパートの大家になる基本 » アパートの大家になるには、数字に強くなる