アパートの大家になるために、自分の欲しい年収を決める | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



アパートの大家になるために、自分の欲しい年収を決める

アパート大家になるために、自分の欲しい年収を決める事です。


不動産投資を始める人は、当然、自分の収入を増やしたい人です。

また、自分の資産を増やしたい人でもあります。

ただ、漠然とたくさんの収入を増やしたいと考えるのは、
目標が定まっておらず、良い考えとは言えません。

多くの不動産投資を始めたい人は、将来はサラリーマンを辞めるだけの
家賃収入が欲しいはずです。

そして、実際に勤め人(会社員)を卒業をしたいと考えている人が
圧倒的に多いです。

そこで、実際に勤め人(会社員)を卒業をして、専業大家をやっている
私の家賃収入の状況を基に、どれだけの収入があれば、
手元にお金が残るか、教えます。

まず、不動産投資を始めますと、家賃収入とキャッシュフローという
考え方があります。

家賃収入というのは、その名の通り家賃による収入です。

私は、この家賃収入は、毎月100万円以上あります。

そして、キャッシュフローというのは、
家賃収入-維持費=キャッシュフローとなります。

だいたい、私の毎月のキャッシュフローは毎月60~80万円です。

これで、生活をする分には私は十分です。

両親と一緒に暮らしているので、
生活費が安く、毎月の生活費が15万円です。

そのため、家賃収入から、最低毎月45万円は貯金ができます。

このような事を考えると、ゆとりを持った生活をするには、
キャッシュフローが毎月100万円ぐらいあれば、
サラリーマンを卒業をしても、貯金が十分できる生活ができます。

このため、不動産投資を始めて、毎月のキャッシュフローを100万円
と目標を設定するといいでしょう。

1つの基準として考えてください。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » アパートの大家になる基本 » アパートの大家になるために、自分の欲しい年収を決める