アパートの大家になるために、弁護士は自分のチームにはまず必要ない | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



アパートの大家になるために、弁護士は自分のチームにはまず必要ない

アパート大家になるために、弁護士は自分のチームにはまず必要ないです。


不動産投資を始めた時には、それほど法律に詳しくなくても大丈夫です。

また、弁護士に依頼をするようなことは、ほとんどないのが現状です。

家賃滞納などは、自分で裁判所に行って、調停などを行えば、
意外と簡単に解決できるものです。

また、強制退去をする時は、訴訟をする事になりますが、
現在では、アパートやマンションに入居者が入居をする時は、
ほとんど家賃滞納保証会社に加入をしています。

そのため、現実的には、悪質な入居者が家賃を滞納をしても
家賃滞納保証会社が強制退去を代行してくれます。

このような事もあって、アパートの大家になるために
弁護士を自分のチームに入れる必要が無いです。

もし、どうしても弁護士が必要となるケースがあれば、
自分のチームにいる税理士に紹介をしてもらえばいいのです。

一般的に、税理士と弁護士は連携をしていますので、
税理士は必ず付き合いがある弁護士を知っています。

そのため、自分から弁護士を探す必要が無いのです。

アパートやマンションなどの収益物件を購入をする時には、
法律の専門知識は必要ではないですし、知る必要もほとんどありません。

もし、必要な法律の専門知識があるとすれば、
それは「ローン特約」でしょう。

売買契約を結ぶときに、万が一、金融機関から融資を受ける事が
出来ない場合は、契約を無条件で解除をする特約です。

この「ローン特約」は一般的に、普通の不動産売買契約に
入っていますので、それほど気にする必要が無いです。

ただ、自分が指定をする金融機関だけで融資を受けたい場合は、
「ローン特約」を
「買い主が指定する金融機関で融資が不可能であった場合は、
 無条件で契約を解除できる。」
とする必要があります。

不動産投資を始める時は、この程度の法律の知識を知っていれば
十分です。 

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » アパートの大家になる基本 » アパートの大家になるために、弁護士は自分のチームにはまず必要ない