アパートの大家になるには、サラリーマンの経験が役に立つ | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



アパートの大家になるには、サラリーマンの経験が役に立つ

アパート大家になるには、サラリーマンの経験が役に立つのです。


不動産投資を始める時には、金融機関から融資を受ける時には、
サラリーマンの経験が役に立ちます。

サラリーマンをしている人であれば、
1回は企画書を作ったことはあるでしょう。

この企画書の作り方を知っている人ほど、
金融機関から融資を受けやすくなります。

なぜかと言いますと、収益物件を購入するために、
金融機関から融資を受ける時には、
事業計画書を作成する必要があるからです。

事業計画書というのは、その収益物件を購入をした後に、
どれだけの利益が出て、きっちり返済金を返せるだけの
収益があるのか、書面に書きだすことです。

この事業計画書を上手に書ける人は、
金融機関からたくさんの融資を引き出すことができます。

逆に、事業計画書の書き方が下手な人は、
金融機関の融資の審査に落ちる可能性があります。

そのぐらい重要な事であるのが、事業計画書の書き方です。

しかし、それほど難しく考える必要が無いです。

重要な事は、収益物件がどれだけ一般的な社会情勢で
最低限の利益しか出せない状況であっても、
不動産投資ローンの返済金を返すことができるのか?

このような事を事業計画書で
金融機関にアピールをすればいいのです。

まさしく、サラリーマンが行っている企画書と同じですね。

採算性も考えるのが、企画書ですね。

それと同じような感覚で事業計画書も
作成をすればいいのです。

このような事から、サラリーマンの経験が
不動産投資を始めるうえで役に立つのです。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » アパートの大家になる基本 » アパートの大家になるには、サラリーマンの経験が役に立つ