何も考えずに不動産投資物件を買ったら悲惨 | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



何も考えずに不動産投資物件を買ったら悲惨

何も考えず不動産投資物件を買ったら悲惨です。

不動産投資は、数千万円~数億円のお金が動く投資です。

このような現実が意外なほど分かっていない人が多いです。

何も考えずに数千万以上の物を買って
問題がない人は、貯金が100億円以上ある人ぐらいです。

そのぐらいの人であれば、数千万円損をしても
大したことではないでしょう。

しかし、一般の会社員や公務員では、
数千万円以上の損失を抱えたら
大変なことです。

破産をすることもあり得ます。

家庭崩壊することも普通に起こるのです。

そのぐらい、不動産を買うことは
簡単に考えてはいけないことです。

それなのに、簡単に数千万円以上の
不動産投資物件を何も考えずに
買う人が多いです。

特に多いのが、新築ワンルームのマンションを買うことです。

不動産投資には、いろいろな投資方法がありますが、
唯一と言っていいほど失敗をする方法が
新築ワンルームのマンションを借金をして買う投資法です。

これは絶対にやってはいけないことでです。

100%失敗をする損をする不動産投資方法です。

新築ワンルームのマンションというのは、
購入して30年経つと購入金額の5分の1以下の価格でしか
売ることができません。

3000万円の新築ワンルームのマンションを購入しても
30年経ったら600万円以下でしか売ることができません。

そして、家賃も半分以下に下がっています。

このような物件を借金をして購入したら最悪です。

購入をしてすぐに赤字になります。

赤字になるような不動産投資は、
事業として失敗しているのです。

しかし、このような新築ワンルームマンションの
販売をしている不動産会社はたくさんあります。

このようなマンションを売る時のうたい文句が、
「ワザと収支を赤字にして節税できる」
というデタラメなことを売り言葉にしています。

もう一度言います。

収支が赤字になる不動産投資は、
事業として失敗です。

それで節税しても、微々たる金額しか
税金が還付されません。

肝心な儲けが全くなく赤字です。

このような物件を何も考えずに買ったら
それは損をするに決まっています。

不動産のような大きな買い物をするときは、
キッチリと論理的に収支計算をして
購入することが絶対条件です。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » アパートの大家の現状 » 何も考えずに不動産投資物件を買ったら悲惨