最低純利5%以上の不動産投資でないと維持できない | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資

2人に1人が大家さん
不動産投資の学校
fudousan

最低純利5%以上の不動産投資でないと維持できない

最低純利5%以上の不動産投資でないと維持できないです。

投資には、レベルがあります。

まず、定期預金を資産とすると金利は年間0.1%。

これに税金として20%源泉徴収されて手取りは0.08%。

1000万円定期預金をして、純手取りは8000円です。

12年預けても、9万6000円しかなりません。

このような意識で不動産投資を考えると
純利回り5%以下の不動産投資は、維持ができません。

純利回りというのは、家賃収入から維持費や固定資産税などを引いて
残りの金額から収益物件を購入した金額で割って
5%以上でなければ、アパートの大家として経営ができない物件となります。

この純利回りというのは、20年投資をしてそれで元が取れるかどうかの金額です。

ただ、不動産投資をしますと、建物の減価償却費があるので
実際には元を取れる年数はもっと早くなります。

このようなことを考えて、純利回り5%以上の収益物件でなければ
購入をしてはいけません。

不動産投資というのは、収益物件を所有するだけで
元本の5%以上の配当をもたらす資産を持つことです。

このような資産を持つことは、それなりのお金持ちになれる第一歩です。

不動産投資

2人に1人が大家さん
不動産投資の学校
fudousan

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » アパートの大家になる基本 » 最低純利5%以上の不動産投資でないと維持できない