収益物件を購入する時は、バス・トイレ別が常識 | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資

2人に1人が大家さん
不動産投資の学校
fudousan

収益物件を購入する時は、バス・トイレ別が常識

収益物件購入する時は、バス・トイレ別が常識です。

今の時代、賃貸住宅を借りる人は、バス・トイレ別が常識です。

都心以外で3点ユニットの部屋を借りる人は少ないです。

最近では、新築では、3点ユニット自体の部屋を
見つける事も少なくなっています。

ですから、収益物件を購入する時は、
トイレ・バス別の物件を購入するべきです。

この点については、妥協をしないようにするべきです。

どれだけ安い収益物件であっても、
3点ユニットの物件を購入してはいけません。

3点ユニットの物件は、現在では部屋を借りる人を探すときは、
非常に大きなハンディを背負う事になります。

また、室内洗濯置場があることも理想です。

特に、女性には室内洗濯機置場があると
人気が高い物件となります。

さらに、洗濯置場が室内になりますと
冬場に洗濯をする時に、寒い思いをしません。

このため、退去の理由が無くなります。

エアコンに関しては、現在の賃貸住宅市場では、
各部屋に1つある事は常識です。

もし、購入を検討している収益物件の部屋に
エアコンが付いていない時は、自分が購入した後に
部屋にエアコンを付けると良いです。

不動産投資

2人に1人が大家さん
不動産投資の学校
fudousan

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » サラリーマンをリタイアするノウハウ » 収益物件を購入する時は、バス・トイレ別が常識