部屋の広さが20㎡以下の収益物件は購入しない | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



部屋の広さが20㎡以下の収益物件は購入しない

部屋の広さ20㎡以下収益物件は購入しない事です。

部屋の広さは、賃貸住宅を借りる人にとって重要な事です。

あまり広い部屋は好まれませんが、狭い部屋も好まれません。

一般的な広さとして、ワンルームであれば、
20㎡以上の部屋の広さを多くの人が借りる賃貸住宅の条件としています。

このような事は、不動産会社の賃貸の担当の方に質問をすれば
丁寧に教えてくれます。

もし、部屋の広さが14㎡ぐらいですと、
部屋を借りてくれる人が限定をされてきます。

ですから、多くの人が部屋を借りてくれるような収益物件を
購入する必要があります。

現在の賃貸住宅を借りる人の傾向として、
ある程度広い部屋を借りる人が多いです。

ワンルームであれば、25㎡以上の物件ですね。

結構広めの部屋を借りる人が多いです。

ある程度、広い部屋に住むことが快適な生活を
送れるからです。

ただ、都心であれば、多少狭い部屋であっても
部屋を借りてくれる需要があります。

新宿や渋谷の駅から歩いて10分以内の立地条件であれば、
多くの人に狭いワンルームの部屋であってもニーズがあります。

賃貸住宅としてでなく、個人オフィスとしても需要があります。

このように立地条件によって、部屋の広さの需要が違う事を
知っておくと良いです。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » サラリーマンをリタイアするノウハウ » 部屋の広さが20㎡以下の収益物件は購入しない