収益物件を購入する時は、部屋の広さに注目 | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資

2人に1人が大家さん
不動産投資の学校
fudousan

収益物件を購入する時は、部屋の広さに注目

収益物件購入する時は、部屋の広さに注目する事です。

不動産投資を始める時に、注意をする事は、
需要がある物件を購入する事です。

その中で、部屋が広い物件というのは
それだけで需要があることが多いです。

例えば、1Kなどの収益物件であっても、20㎡ぐらいの部屋より
29㎡の部屋の方が入居率が高いです。

これは、部屋が広いことで、広々と部屋を使う事ができますし、
収納スペースも十分に取ることができます。

6畳の部屋より9畳ぐらいの部屋の方が
入居者の需要があります。

単身者向けの物件であっても、
部屋が広いことはプラスになります。

同じようにファミリー物件であっても、
部屋が広いことはプラスになります。

特に、リビングやダイニングが広い物件は人気があります。

このような収益物件を購入すれば、
空室リスクを避けることができます。

ですから、購入を検討している収益物件の部屋の広さが
広いようであれば、プラスの面が大きいです。

ただ、部屋が広いことは、それだけ部屋数が
少なくなる事に繋がります。

このため、家賃収入が少なくなりますので
利回りが低くなる傾向があります。

このあたりの事は、考え方ひとつで
収益物件を購入する基準となりますので、
自分が購入をしたい収益物件の基準をしっかりと持つことです。

不動産投資

2人に1人が大家さん
不動産投資の学校
fudousan

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » サラリーマンをリタイアするノウハウ » 収益物件を購入する時は、部屋の広さに注目