収益物件を購入する時は、諸費用の支払いに注意する | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



収益物件を購入する時は、諸費用の支払いに注意する

収益物件購入する時は、諸費用の支払いに注意する事です。

収益物件を購入する時は、売却価格以上に必要なお金があります。

一般的に収益物件は中古物件を購入する事になるので、
物件価格の数%は諸費用として必要です。

だいたい3000万円の収益物件を購入する時は、
約50万円ぐらいの諸費用が必要です。

ただ、この諸費用はあくまでも目安です。

例えば、物件の構造や立地によって、火災保険料が変わります。

また、融資をしていただく金融機関によって、
ローンの保証料があったり、無かったりします。

このため、収益物件を購入する時は、
融資を受ける金融機関によって、諸費用の金額が変わります。

ローンの返済期間が違うだけで火災保険料も違ってくるのです。

このようなケースが多いため、収益物件を購入する時は、
諸費用は1割と考えて計算をしていると大丈夫です。

一般的には、諸費用というのは、決済をする前に
仲介をしてもらう不動産会社の担当の方が
すべて計算をして出してくれます。

どの程度の諸費用が必要か、不安な方は、
前もって不動産会社の担当の方に確認をしていると良いです。

また、意外と忘れがちですが、収益物件を購入をした後は
必ず不動産収得税の支払いがあります。

だいたい収益物件を購入をして3ヶ月ぐらいしたら
都道府県税事務所から、納付の通知があります。

このような税金の支払いが必要であることを
知っておくだけで、収益物件を購入した後に
お金が足りないと言う事が無いようにしたいです。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » サラリーマンをリタイアするノウハウ » 収益物件を購入する時は、諸費用の支払いに注意する