不動産投資をする時は、貸しやすい家賃で貸す | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



不動産投資をする時は、貸しやすい家賃で貸す

不動産投資をする時は、貸しやすい家賃で貸す事です。

収益物件を購入をして、一番高いリスクは
すべての部屋が空室となる事です。

なぜなら、収入が0円になるからです。

そして、支払いだけが必要になるため、
自分の給料から支払いをする必要があります。

このような状況を避けるためには、
空室にならないようにするべきです。

そのためには、部屋を貸すときの家賃が適正であることが必要です。

適正な家賃というのは、東京都23区内では7万円~8万円です。

これが大阪市や名古屋市になりますと
4~5万円ぐらいになります。

この家賃は単身者用の1Rなどがそうです。

このような家賃相場を調べるには、
インターネットで簡単に調べることができます。

今の時代、90%以上の人はアパートやマンションを借りる時は、
インターネットで調べて自分が住みたい物件を探します。

ですから、インターネットを使って家賃相場を理解していなければ、
適正な家賃を知る事ができません。

適正な家賃で入居者募集をしていれば、
ほとんど空室が発生をする事はありません。

このあたりの事を理解していれば、
自分が所有をする物件がすべて空室になる事が無いです。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » サラリーマンをリタイアするノウハウ » 不動産投資をする時は、貸しやすい家賃で貸す