アパートの大家になるには、地主のマネをしない | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



アパートの大家になるには、地主のマネをしない

アパート大家になるには、地主のマネをしない事です。


不動産投資を積極的にする人と地主というのは、立場が違います。

地主というのは、先祖代々の土地を受け継いでいます。

そして、その土地にアパートやマンションなどを建てて、
人に貸して生活をしています。

基本的に、地主というのは何代にも渡って、
大家業を行っています。

このため、今の地主というのは、借入金が無く大家業を行っています。

もう、とっくに借金を支払って完済をしているのです。

そのため、地主は自分が所有するアパートやマンションの
入居率が50%であっても、ほとんど気にしません。

なぜなら、生活をするうえで十分な収入がそれでもあるのです。

そして、借金が無いので、何も心配をすることが無く
大家業を続けることができるのです。

しかし、これから不動産投資を始めて、大家業をスタートする人は、
このような地主の態度をマネしてはいけません。

もし、不動産投資ローンを利用して、収益物件を購入をして、
アパートやマンションの入居率が50%であれば、
家賃収入からローンの支払いをすることができなくなります。

そのような時は、自分の給料からの持ち出しとなります。

このような事を防ぐために、アパートの大家をする人は、
大家業を地主のような考え方ではなく、
サービス業として考える必要があります。

常に、自分が所有する収益物件であるアパートやマンションを
入居率100%にすることを目指して、大家業をするのです。

そのために、入居者の方に自分の所有するアパートやマンションの
部屋を借りてもらうためのサービスを徹底して行うことが必要です。

このような事は、別に難しいことではありません。

普通のサービス業の観点で大家業を行えばいいのです。

それだけで、他の大家より圧倒的に強い立場に立つことができます。

なぜなら、日本の大家の90%以上は、左うちわで大家業を行っている
地主であるからです。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » アパートの大家になる基本 » アパートの大家になるには、地主のマネをしない