収益物件を購入する時は、確実な利回りを基準とする | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



収益物件を購入する時は、確実な利回りを基準とする

収益物件購入する時は、確実な利回りを基準とする事です。

不動産投資をする時は、購入をする物件を探します。

物件を探していますと、利回りを見ることができますが
その利回りには、いろいろな意味の利回りがあります。

その中で、実利回りを計算をして、本当の意味での
採算が取れる利回りで購入をするべきです。

ですから、実利回りというのは、収益物件を購入する時に
基準として考えるべきです。

そして、自分が購入をする実利回りを
前もって計算をしておくことが必要です。

例えば、実利回りが10%以上でなければ、
購入をしないと基準を持っていれば、
それ以下の収益物件は現地まで調査をする必要がありません。

一般的に実利回りで10%と言う事は、
表面利回りで14%以上です。

東京都23区内や大阪市・名古屋市などでは、
これだけの利回りが高い収益物件が見つかる事は、
まずありませんが、地方に行けばいくらでも見つかります。

実利回りというのは、空室リスクや購入時の諸経費、
管理委託費や固定資産税などの維持費を計算して
出してある利回りです。

この利回りを基準としていれば、
基準以上の収益物件を購入していれば、
運用をして困る事はほとんどありません。

ですから、採算割れをする事がまずなくなり
安心をして不動産投資ができます。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » サラリーマンをリタイアするノウハウ » 収益物件を購入する時は、確実な利回りを基準とする