収益物件を購入する時は、表面利回りに騙されない | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



収益物件を購入する時は、表面利回りに騙されない

収益物件購入する時は、表面利回りに騙されない事です。

不動産投資を始めますと、当然、収益物件を探し始めます。

現在では、インターネットや新聞などで
簡単に収益物件の明細を見つけ出すことができます。

その中で利回りが掲載されていますが、
その利回りは、ほとんどが表面利回りです。

この表面利回りだけを鵜呑みにして
収益物件を購入をする事は非常に危険です。

なぜかと言いますと、表面利回りというのは、
その物件を運営をする上での経費が一切計算をしていません。

ですから、表面利回りの計算式は、

表面利回り=1年間の賃料÷物件価格

という単純なものです。

ただ、一年間の賃料というのは、現在入居をしている
家賃の総額で計算をしていることがほとんどです。

これが曲者でして、その収益物件には
5年以上住んでいる人もいることがあります。

そのような人の家賃は
その収益物件の家賃相場より随分と高いです。

ですから、長く住んでいる人が多い収益物件は
自然と家賃が高い人がたくさん住んでいることになり、
表面利回りが高くなるのです。

このような事は非常に多くの収益物件で
十分あり得ることですので、
利回りを計算をする時は、現在の家賃相場で考える必要があります。

その結果、現在の家賃相場で計算をしますと
表面利回りが随分と下がることもあるのです。

このような事に注意をする必要があります。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » サラリーマンをリタイアするノウハウ » 収益物件を購入する時は、表面利回りに騙されない