リタイアを考える時は、生活水準にあったキャッシュフローが重要 | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



リタイアを考える時は、生活水準にあったキャッシュフローが重要

リタイアを考える時は、生活水準にあったキャッシュフローが重要です。

不動産投資を始めたい人は、
将来的にサラリーマンをリタイアしたい人が多いです。

では、具体的にどの程度の家賃収入を得ることができれば、
リタイアできるのでしょうか?

これは、個人差によって全く違います。

ただ、1つの基準として、自分の生活水準から
貯金が十分できるぐらいのキャッシュフローが得られる金額に
達した時がサラリーマンをリタイアできる目安です。

家賃収入がどれだけ多くても、リタイアできない人がいますし、
家賃収入が2000~3000万円程度でも
リタイアできる人がいます。

参考までに、私はキャッシュフローが毎月80万円前後で
サラリーマンをリタイアしています。

これは、私の生活水準が質素であるからです。

どのぐらい質素であるかといいますと、
私が支払う生活費は保険金や国民健康保険、
国民年金、食事代などを含めて、
毎月15万円程度です。

この程度の支出であれば、毎月のキャッシュフローが
80万円ぐらいであっても、充分貯金できる生活ができます。

生活水準というのは、個人差があります。

一般的に年収が高いサラリーマンは、
支出が多いです。

そのため、生活水準が高いです。

ですから、その生活水準を保つためには
多くのキャッシュフローが必要になります。

このため、ステータスなどが必要な人は、
毎月のキャッシュフローは2000万円以上は必要でしょう。

一般的に、サラリーマンをリタイアするには、
毎月のキャッシュフローは100万円が基準といわれています。

私はその基準より下ですが、十分生活ができています。

これは、見栄やプライドを捨てた生活水準であるためです。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » サラリーマンをリタイアするノウハウ » リタイアを考える時は、生活水準にあったキャッシュフローが重要