不動産投資を続けるなら黒字申告をする | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



不動産投資を続けるなら黒字申告をする

不動産投資を続けるなら黒字申告をする事です。

不動産投資をしていますと、いろいろな節税方法があります。

収益物件を購入する時に、建物の価格を高くして
減価償却費を多くして、税金を支払う金額を安くする方法などは
非常に有名です。

ただ、不動産投資を拡大し続ける時には、黒字申告をする事が必要です。

節税対策で、赤字申告をしますと、収益物件を購入し続けることは
難しくなります。

これはなぜかと言いますと、黒字申告をしている人には
金融機関は融資をしてくれますが、
赤字申告をしている人には金融機関は、
融資をしない傾向にあるからです。

このため、金融機関から融資をうけて
不動産投資をする時には、黒字申告にしていることが重要です。

そのような事を考えれば、必要以上の節税はしないことがベストです。

金融機関は、収益物件を購入する時に、融資の審査をする際は、
まず、サラリーマンの源泉徴収票を3年分持ってくることを要求をします。

さらに、不動産投資をしている人は、確定申告書を3年分
持ってくるように要求をしてきます。

そして、サラリーマンとしての給料と
不動産賃貸業としての経営状況を把握して
不動産投資物件に対しる融資を決めるのです。

このどちらかの状況が良くなければ、
金融機関から融資を受けることが難しくなります。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » サラリーマンをリタイアするノウハウ » 不動産投資を続けるなら黒字申告をする