不動産投資は、リスクをヘッジできるようにしておく | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



不動産投資は、リスクをヘッジできるようにしておく

不動産投資は、リスクヘッジできるようにしておく事です。

不動産投資というのは、投資であって、
当然、リスクがあります。

しかし、リスクをヘッジをする方法はいくらでもあります。

そのような方法を理解できていれば、
何も投資をするうえで怖くないです。

また、投資にはいろいろな手法があります。

各手法によって、投資の考え方や目的が違います、

このような事を知っておくことで
ほとんどのリスクに対処できます。

まず、一番手堅いリスクヘッジは、
収益物件を現金で購入する事です。

しかし、このような事はほとんどの人ができません。

ですから、考え方を変える必要があります。

RCの収益物件は、キャッシュフローが出やすいです。

このメリットを最大限に利用して、
築浅のRC・SRC物件を購入するのです。

そうしますと、自分の手元にある現金がたくさん増えてきます。

そして、増えた現金で築古の収益物件を現金で購入するのです。

こうすることで、RCでキャッシュフローを増やしながら
リスクが低い現金投資ができるのです。

サラリーマンをリタイアするには、キャッシュフローを増やすことを
最優先に考えることが必要です。

そして、自分の手元の資金を増やして、
現金で投資ができるレベルになれば、
リスクがほとんどない不動産投資ができるのです。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » サラリーマンをリタイアするノウハウ » 不動産投資は、リスクをヘッジできるようにしておく