収益物件を購入する時は、高利回りに惑わされない | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



収益物件を購入する時は、高利回りに惑わされない

収益物件を購入する時は、高利回り惑わされない事です。

利回りが高い収益物件を購入したいのは、誰もが望むことです。

ただ、ある条件によっては、利回りが高いだけでは、
投資をしてはいけない物件があります。

このような事を知っていないと、借金を支払うのが
きつくなって大変な事になります。

例えば、利回り17%の物件があります。

その物件は、築年数が37年です。

そして、売り出し価格は1億円です。

この物件はRCの収益物件ですが、
このような築年数の場合は、法定耐用年数がRCの場合は
47年であるため、融資期間は10年となります。

融資の金利が2%としますと、
1年間の家賃収入が1700万円に対して
金融機関への返済が1104万1614円です。

差し引き595万8386円です。

これに比べて、利回り13%で
築年数が17年のRCの物件の場合、
売り出し価格が1億円であれば、

融資期間は30年も取れます。

融資の金利が2%としますと、
1年間の家賃収入が1300万円に対して
金融機関への返済が443万5434円となります。

差し引き856万4566円です。

受け取る手取りの家賃収入が年間260万6180円も違います。

不動産投資をするうえで、一番重要な事はキャッシュフローです。

受け取る手取りの金額です。

これを理解していなければ、破綻をする事もあり得ます。

ですから、高利回りに惑わされてはいけません。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » サラリーマンをリタイアするノウハウ » 収益物件を購入する時は、高利回りに惑わされない