収益物件を購入する時は、テナントのある物件は購入しない | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資

2人に1人が大家さん
不動産投資の学校
fudousan

収益物件を購入する時は、テナントのある物件は購入しない

収益物件購入する時は、テナントのある物件は購入しない事です。

不動産投資をする時は、いろいろな観点で
物事を考える必要があります。

まず、積算価格が高いだけで収益物件を購入をしますと
思わぬ落とし穴があります。

例えば、自宅から近い場所で3階建ての1K×15部屋、
一階はテナントの売り物件があったとします。

このような物件は、積算価格が高いことが多いです。

そして、利回りも高いことが多いです。

そのため、不動産投資の初心者の方は、
このような収益物件に飛びつくことが多いです。

しかし、ある点に死角がある事を知っておくことが必要です。

どのような点に死角があるかといいますと、
テナントの家賃収入が大きいため、
テナントに退去が発生をしますと、
一気に家賃収入が減るのです。

その結果、家賃収入が満室時の60%ぐらいに
なることもあります。

これでは借金の返済をする事ができません。

テナントというのは、現在の日本の経済状況では、
いったん退去をしますと、次の入居者が決まるまで
非常に苦労をします。

ですので、空室期間が1年以上続くのは普通です。

このため、家賃収入が少ない状況が
1年以上続きますと、借金の返済をするのに
自分の給料から支払う可能性も出てきます。

このような事を防ぐために、テナントが入っている物件は
購入をしないことがベストです。

不動産投資

2人に1人が大家さん
不動産投資の学校
fudousan

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » サラリーマンをリタイアするノウハウ » 収益物件を購入する時は、テナントのある物件は購入しない