収益物件の融資を受ける時の連帯保証人のリスクヘッジ | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資

2人に1人が大家さん
不動産投資の学校
fudousan

収益物件の融資を受ける時の連帯保証人のリスクヘッジ

収益物件の融資を受ける時の連帯保証人リスクヘッジは、必要です。

これは単純に、連帯保証人は借金を背負う事になるからです。

それも無条件にです。

これは法律的に非常に厳しい効力です。

ですから、連帯保証人が必要な不動産投資の融資を受ける時は、
連帯保証人に何かあった時は、迷惑が掛からないように
リスクヘッジをする事が必要です。

自分の妻が連帯保証人になっている時は、
収益物件を購入をした時に、
必ず団体信用保険に加入する事です。

これで自分が死んだときに、全ての所有している
収益物件の残債が無くなります。

もし、団体信用保険に加入をしていても
残債が残る場合は、総融資額に対する40%の
生命保険に加入をする事です。

このような事をする事で、自分の連帯保証人である
妻の負担を無くすことができます。

万が一、自分が死ぬことがあっても
連帯保証人である妻に迷惑をかけなれば、
安心をして余生を過ごすことができるようになります。

そうなりますと、自分の所有物件を保有し続けるなり、
売却するなり、自分の妻の自由にすればいいのです。

このようにして、不動産投資というのは、
いろいろなリスクをコントロールができます。

不動産投資

2人に1人が大家さん
不動産投資の学校
fudousan

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » サラリーマンをリタイアするノウハウ » 収益物件の融資を受ける時の連帯保証人のリスクヘッジ