収益物件の融資を受ける時は、積算法で評価される | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資

2人に1人が大家さん
不動産投資の学校
fudousan

収益物件の融資を受ける時は、積算法で評価される

収益物件融資を受ける時は、積算法で評価されるのです。

不動産投資をする時は、金融機関から融資を受けて
収益物件を購入する事がほとんどです。

そのような時に金融機関は、
多くの場合は積算法でも評価をします。

積算法の評価は、簡単です。

土地の価格と建物の価格を合計した価格に
掛け目を入れて、積算価格を割り出し
融資を金額を決めることです。

このような考え方による計算方法は、
非常に簡単です。

積算評価額=(土地評価額+建物評価額)×掛目

土地評価額=土地面積×路線価、または固定資産税評価額

建物評価額=再調達額×原価率×建物延べ面積

再調達価格 RC19±3万円 重量鉄骨15±2万円 

木造、軽量鉄骨 13±3万円

減価率 (法定耐用年数-築年数)÷法定耐用年数掛け目100~70%

土地の価格に関しては、
いろいろな要因で変わってきます。

金融機関によっては、市街化調整地域に
融資をするケースもあります。

多くの金融機関では、市街化調整地域には融資をしません。

一般的に積算価格以上の融資は無理であると考えがちですが
そのような事はありません。

金融機関は、融資をした場合、相手方が破綻をしても
担保を取っている物件と金利で残債を回収できれば
それで大丈夫と考えています。

このため、基本的には積算価格が融資できる上限価格となりますが、
融資を受ける人がそれなりの所得があった場合は、
属性を考慮して融資をします。

不動産投資

2人に1人が大家さん
不動産投資の学校
fudousan

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » サラリーマンをリタイアするノウハウ » 収益物件の融資を受ける時は、積算法で評価される