収益物件の融資を受ける時は、収益還元法で評価される | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資

2人に1人が大家さん
不動産投資の学校
fudousan

収益物件の融資を受ける時は、収益還元法で評価される

収益物件融資を受ける時は、収益還元法で評価されるのです。

不動産投資をする時は、収益物件を購入するために
金融機関から融資を受けることがほとんどです。

金融機関が融資をする時には、2つの融資をする基準があります。

その中の1つが収益還元法です。

収益還元法というのは、簡単に言えば
購入を検討している物件の家賃収入から
金融機関への返済が可能であるか、
と言う事を評価します。

このような評価をシビアにします。

ですから、入居率が100%で計算をする事がありません。

例えば、1年間の家賃収入が1200万円であっても
満額家賃収入が入る計算をしません。

家賃収入に対して、運営するための経費が掛かり、
リフォームをする事も必要です。

金利も上昇する可能性があります。

このような事を考えまして、金融機関は収益還元法を

賃料×65%>金利4%時の返済金額

以上のような公式で計算をして、
融資を判断をします。

ただ、この収益還元法で計算をして
賃料が低い場合でも、融資が不可能ではありません。

サラリーマンであれば、毎月の給料がありますので
その給料を借金の支払いができる金額であれば、
十分、融資を受けることが可能です。

不動産投資

2人に1人が大家さん
不動産投資の学校
fudousan

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » サラリーマンをリタイアするノウハウ » 収益物件の融資を受ける時は、収益還元法で評価される