収益物件を購入する時の金利の交渉タイミング | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資

2人に1人が大家さん
不動産投資の学校
fudousan

収益物件を購入する時の金利の交渉タイミング

収益物件購入する時の金利の交渉タイミングがあります。

不動産投資をする時には、融資を受けて
収益物件を購入する事がほとんどです。

この中で、金利を金融機関の担当の方と決めます。

この金利の交渉は非常に重要です。

なぜなら、金利によって、借金の総支払額が
随分と違ってくるからです。

例えば、金利1.5%の融資を受ける場合は、
借金の総額が2倍になるのは、48年必要です。

これに対して、金利4.5%の融資を受ける場合は、
借金の総額が2倍になるには、16年必要です。

金利が3倍になる事で、借金の総額が2倍になる期間が
3分の一となります。

このため、金利が多少でも変動をするだけで
収益物件を購入をして得ることができる
キャッシュフローに影響を受けるのです。

では、融資を受ける時に、金利の交渉を
どのタイミングですればいいのか?

これは非常に簡単です。

融資の内諾を受けた時に、金利の交渉をすればいいのです。

金融機関というのは、非常に不思議なもので
融資の内諾を得ると、必要以上に融資をしたくなります。

ですから、そのような背景を利用して
金利の交渉をするのです。

ですが、この金利の交渉のタイミングを間違えると
金融機関から融資を受けることが難しくなります。

簡単に言えば、金融機関の審査に通らないのです。

そのような事を防ぐために、金利の交渉タイミングを
間違えない事が重要です。

不動産投資

2人に1人が大家さん
不動産投資の学校
fudousan

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » サラリーマンをリタイアするノウハウ » 収益物件を購入する時の金利の交渉タイミング