収益物件を購入する時に、融資期間は戦略で決める | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



収益物件を購入する時に、融資期間は戦略で決める

収益物件購入する時に、融資期間は戦略で決める事です。

不動産投資をする時には、融資を金融機関から
受けることがほとんどです。

融資を受ける時は、融資期間をある程度
自由に決めることができます。

この融資期間ですが、どの程度の融資期間が正解であるか、
これは100%正しいと言える、回答がありません。

融資期間を長くしますと、
短期的なキャッシュフローが貯まりやすいです。

融資期間を短くしますと、
早く借金を返済できます。

また、短い融資期間で返済をしますと、
その分、金利を支払う分が少なくなります。

このような事を考えれば、短い期間でたくさんの収益物件を購入する人は、
キャッシュフローはたくさん欲しいため、長い融資期間にするべきです。

ただ、一般的に金融機関は、建物の法定耐用年数以上の
融資期間を設けることはありません。

もし、法定耐用年数以上の融資期間を設ける場合は、
金融機関が自分の不動産賃貸業という事業に対して
融資をしているプロパー融資となります。

プロパー融資を受けるようになりますと、
不動産投資をするうえで1つレベルがアップをしたことになります。

短期間の融資は、返済金の比率が高くなるので、
初めて不動産投資をする時は、できる限り長い融資期間にすると
安全に不動産賃貸業ができます。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » サラリーマンをリタイアするノウハウ » 収益物件を購入する時に、融資期間は戦略で決める