アパートの大家になるには、起業をする意識を持つ | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



アパートの大家になるには、起業をする意識を持つ

アパート大家になるには、起業をする意識を持つ事です。


不動産投資を始めることは、「投資」を始めると考えがちです。

しかし、アパートの大家になることは、
「アパート経営」という事業を行うことになります。

そのため、自分で起業をして、大家業というビジネスをするのです。

このような意識をしっかりと持つことが必要です。

起業をするわけですから、当然、自分のお金を使ってビジネスをします。

ビジネスをするうえで失敗をすれば、自分のお金が損をするのです。

不動産投資ローンを組んで、収益物件を購入をして、
それでいながら空室だらけの状態になったら、
自分の働いている給料でローンの返済をしないといけません。

アパートの大家業という起業をすることは、
これだけ、責任が伴うことを行うのです。

それだけの自覚が必要です。

ただ、これだけの責任があることですので、
大家業が軌道に乗って順調に経営ができれば、
専業大家となって、自由に生活ができるようになります。

自由と責任は、常に隣り合わせです。

しかし、この2つの事を理解して、
アパートの大家になることを決意をすれば、
失敗をする可能性が非常に小さくなります。

起業をすると言う事は、社会的責任が大きくなることです。

その代わり、自分の資産や収入もどんどん増えるようになるのです。

ビジネスというのは、遊びではありません。

しっかりと責任を持って、行動をして、
自分の行動に対して言い訳ができない結果が伴うことが、
アパートの大家として起業をする事になります。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » アパートの大家になる基本 » アパートの大家になるには、起業をする意識を持つ