収益物件に融資を受ける時に、全銀行がOKと言う事が無い | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



収益物件に融資を受ける時に、全銀行がOKと言う事が無い

収益物件融資を受ける時に、全銀行がOKと言う事が無いです。

不動産投資物件を購入する時は、
金融機関から融資を受けることがほとんどです。

一番融資を受けやすい職業はサラリーマンです。

ただ、すべての銀行がサラリーマンであれば、
融資をするわけではありません。

銀行によっては、地主以外には
アパートローンをしないところもあります。

また、メガバンクなどは富裕層を中心に
不動産投資融資を行っていることが多いです。

そして、このような基準は景気によって違ってきます。

さらに、収益物件を購入する時は、
購入をしている棟数によっても、融資を受ける状況が違います。

一番、金融機関から融資を受けやすいのは、
初めて収益物件を購入する時です。

そのような時は、金融機関によっては積極的に
融資をしてくれることもあります。

ただ、2棟目、3党目と収益物件を購入し続けると、
金融機関の対応も変わってくることが多いです。

もし、金融機関が収益物件を購入する時に、
融資をする名目をプロパー融資になりますと、
不動産投資として融資をするのでなく、
不動産賃貸業として、事業に対して融資をするようになります。

このようなレベルになりますと、収益物件を購入する事が
難しくなくなります。

しかし、それでもすべての銀行が融資をOKというわけではありません。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » サラリーマンをリタイアするノウハウ » 収益物件に融資を受ける時に、全銀行がOKと言う事が無い