収益物件を購入する時は、物件価格の絶対値を決める | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



収益物件を購入する時は、物件価格の絶対値を決める

収益物件購入する時は、物件価格の絶対値を決める事です。

このような事をする事で、
収益性が悪い物件を購入しなくなります。

これは単純に自分の投資基準をしっかりと持っていれば
誰もが実践できる事です。

収益物件が売りに出されると、買い付けが入ったりします。

その中で、買い上がりという方法があります。

4000万円の収益物件に対して、
4000万円の買い付けが入ったとします。

しかし、どうしてもその物件が欲しい場合は、
その物件に対して4300万円で買付を入れます。

このような方法が買い上がりです。

当然、買い上がりをしますと、収益性は悪くなります。

単純に利回りが低くなるからです。

不動産投資が活発な時は、
このような買い上がりが横行をします。

もし、自分の購入をしたい物件が自分の基準以上の価格で
買い上がりをされた場合は、あっさりと引き下がるのが得策です。

なぜなら、収益性が悪い物件を購入しても
自分が損をするからです。

ヒドイときには、借金の支払いが家賃収入からできなくて
自分の給料から持ち出しとなる時もあります。

このような事を防ぐために、購入をしたい収益物件があれば、
論理的に考えて購入をする上限の価格を決めた後に
買い付けを入れるべきです。

これが失敗をしない不動産投資の方法です。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » サラリーマンをリタイアするノウハウ » 収益物件を購入する時は、物件価格の絶対値を決める